さらばジャガー、さらばクロマティ

ポエムです↓

今日はピューと吹く!ジャ×ーを捨てた。
思い切って捨てた。
ついでに。
クロマ×ィ高校も全巻捨てた。
心が少し軽くなっていることに気がついた。
ああ。
わたしはジャガーが嫌いだったのだ。
ああ、きっとそうだ。
わたしの心のゴーストが、
わたしに捨てろと囁いた。
きっとそうだ。
軽くなった心は
きっとあなたのせいだった。

IMG_0065

アル・アジフ

ネクロノミコンの原典と云われる魔導書アル・アジフ。
なんだけっけ、狂った詩人アブドゥル・アルハザードが著者だっけ。

↓これが擬人化したアル・アジフ

なんでこうなるの!
古書が女の子に!しかも高齢の女の子に!

これこそがすばらしきヲタの力。
あらゆる興味の対象を少女化してしまう。

アル・アジフは言葉遣いが良くて、いいキャラです。
翠星石を老けさせたような。

というのが「機神咆吼デモンベイン」という番組。
一応クトゥルー神話。
だってアーカム市で巨大ロボが大暴れ。
一応主人公は探偵だったり(ほぼ無能)

ロボットはなんとなく懐かしのゼオライマーみたいな感じ。
まだ6話目までしか観ていませんが、結構おもしろいです。

httpv://www.youtube.com/watch?v=Dx9TmZzWVJA

絶対可憐チルドレン

椎名高志はすばらしい漫画家だと思っております。
一般的にはあんまり知名度有りません。
漫画好き同士の会話の中にもめったに登場しません。
なぜって普通だから。
少年サンデーだから。
変な漫画描かないから。
要するに、あまりに力量が高すぎて普通になっていると云えます。

子供が子供らしく闘う姿。
最愛のNARUTOなんかにも共通します。

アニメは観たこと無いんですが、
日曜の朝とかにやってそうですね
httpv://www.youtube.com/watch?v=EMlLEL1bhT8

ガンツ

ちょっとおもしろすぎるな、この漫画!!!
やばい
ギョーン ギョーン

登場人物がどんどん死ぬ!
漫画だから死ねばいいんだよ!漫画なんだから!!

問題はそっから先の話
日本人向けのSFを目指したという作者。
あなたの仕事は完璧だと思う。
友情努力勝利さえも踏まえた、この仕事。

ヤンジャンあなどれない

登場人物の心理描写が簡潔に適切。世界観は作者のイマジネーションにゆだねられており、不条理かつ深みがある。緩急をわきまえた物語展開は見事なバランス感覚。
特筆すべきは箱庭戦闘。最近のゲーマーならわかると思うが、箱庭戦闘ならではのおもしろさは、きわめて今日的なセンスと云ってよいと思う。立ち回りを重視した戦わせ方をしているのが、個人的に珍しい。

とにかく全巻買ってきたら、サイフでナイフ。
大枚が消滅。
漫画って高くなりましたな〜

Xbox360→AppleTV

こ、これは……!
Xbox360がOSXと接続してメディアセンター化。
簡単に言うと、AppleTVと同じになる。
いや、テレビでわざわざ写真とか動画とか見ないし。
……しかしXbox360の場合は、iTunesの曲をかけながらゲームができるのですよ。

しかしFallout3は任意の曲がかけれないみたい。ニードフォースピードとかだけか。

http://www.nullriver.com/products/connect360